筋肉をつけるためにオススメの食材や食品~タンパク質編~

食事と栄養を考えた最強タンパク質源を探そう!

どんな食材や食品にも栄養はあります。ただし、それらの栄養がどれほど筋肉を育ててくれるのかと言えば、食事に含まれるたんぱく質の量やビタミンC、ビタミンB6をどの程度摂取したいかによると思います。

そこで、重要になってくるのが食事と栄養、筋肉とタンパク質の関係です。

毎回の食事を高たんぱく質にしなくてもいいですが、食事を3回するのであればその内の1回は筋肉強化の事を考えた食事内容にしましょう。高タンパク質と言えば、卵や胸鶏肉や豚ヒレ、豆腐や納豆などの大豆系があります。

毎回プロテインというわけにはいかないので、できるだけ食材がもつ栄養素を知り食事に取り入れていきましょう。

卵はどうやって食べるのがベストなのか

卵はコスパの良さもさる事ながら、タンパク質を多く含む食材として有名です。

特に鶏肉などに飽きてしまった時には、ゆで卵などにして食べると良いでしょう。
また、味付けも簡単で油を使わない方法なのでおすすめです。

ノーマルのゆで卵に飽きたら味玉を作ってみましょう。

特に醤油付けは、2日程度ででき味も変わり飽きる事がないので作りおきに最適です。
ただし、塩分が高めになるため食べ過ぎには注意しましょう。

サバ缶はいつでもどこでも簡単にタンパク質を補給できる優れもの

サバ缶は、何も調理をしなくても簡単に多くのタンパク質を摂取できるため

筋トレを行う上で忘れてはいけない食品です。また、健康維持にとって大切なオメガ‐3脂肪酸も、豊富に含まれているため、筋トレを行っている方以外も積極的に食べたい食品です。

王道の胸鶏肉の食べ方とは

ぱさぱさ感が否めない胸鶏肉ですが、ある方法で調理するとしっとりとした食感を味わう事ができます。

重曹 大さじ1

塩 大さじ1

水 1カップ程度

砂糖 大さじ1

この4つを合わせた中に半日程度つけておくだけで、しっとりとやわかな胸鶏肉が完成します。
砂糖を極力避けたい場合には、ノンシュガーなどの代用品を使いましょう。

また、漬けておく時のポイントは、胸鶏肉の表面に数か所の切れ込みを入れておく事です。

胸鶏肉に飽きたら豚ヒレも食べよう

胸鶏肉だけだと味の変化がtけにくく飽きてしまう事もあります。

そこで、飽きてしまった方は豚ヒレ肉も調理してみましょう。
豚肉=油が多い、と思うかもしれませんが、実は脂身が少なく美味しいお肉として豚ヒレは有名です。

ステーキ感覚でしっかりとお肉の食感を楽しめるので、空きにくくタンパク質も豊富なのでおすすめです。

豆腐や納豆はタンパク質が豊富で美容にも最適

豆腐や納豆は、そのまま食べてもいいですしアレンジして食べる事ができる優れものです。
コスパもよく、どこでも入手する事ができるのでいつでもストックをしておきましょう。

また、タンパク質や美容効果のあるイソフラボンも含まれており、女性のダイエットの味方としても人気です。

どの食材もタンパク質を多く含むものを紹介しましたが、この他にも筋トレによる筋肉強化に役立つ食材はあります。
自分の好みの味と食材を見つけるのも一つの楽しみではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

musclekun

musclekunと呼ばれる、ごく普通の会社員。 体を動かすことが好きで、筋トレやランニングを休みの日に行うのが趣味。 ここ最近食べ過ぎで少し太ってしまったので、体を絞るため日々トレーニングしている。