痩せ体質になる方法とは?

太ってしまったからダイエットをする・・・

そして、リバウンドをして後悔する・・・

そんな人いませんか?
ただ単に、食べる量を減らすといった極端なダイエットしか思いつかない
方は痩せやすい体質を作る方法を知らないんです。

痩せやすい身体を作る方法を知ると今までの苦労しかない
ダイエットから解放されます!

今回は、具体的な方法についてご紹介していきます。

痩せやすい身体を作る方法は意外と簡単で、誰でもできることなので
是非参考にしてみて下さいね。

しっかりと食べる

え??食べるの??
と思いがちですが、実はしっかりと食べることが痩せ体質を作るポイントなのです。

ダイエットに失敗している人は、食べずダイエットがほとんどですがこの食べずダイエットは
空腹時間が空いてしまうために身体が飢餓状態になります。
飢餓状態になった身体は、次に食べたものをすべて吸収しようとします。
次にいつ食べ物が来るか分からないので、カロリーが入ってきたうちにすべて吸収しようと身体が
そのように働いてしまうのです。

ですから、コンスタントにしっかりと食べて代謝を上げ血糖値の急激な上昇を防ぐことが大切です。

身体を冷やすものを食べない

冷たい物をなるべく取らないようにしましょう。
水も常温がオススメです。

冷たいものは身体の中から、身体を冷やし血流が悪くなり脂肪や老廃物を排出出来なくなってしまいます。
野菜も生野菜よりも温野菜がオススメ♪
体温を上げると、代謝も上がり痩せやすくなります。

バランスよく食べる

良く聞く言葉だと思います。
ダイエットをしている人は、偏った食生活になりがちですが
油も炭水化物もたんぱく質も全て綺麗な身体を作るにはとっても大切な栄養素。

特に油を抜く人が多いですが、抜いてしまうと肌や髪の毛がカサカサしてしまい
一気に老けた印象になりますので要注意です!!

綺麗な痩せ体質を作るには、バランスのいい食生活は必須といっても過言ではありません。

食べる時間を考える

朝と昼は活動をする時間帯でもありますので、しっかりと食べて大丈夫です。
一方夜は、寝るだけですのであまり食べなくても大丈夫です。

ですから、夜は軽めに食べると早く体重が落ちます。
もしくは、早めの19時位までに食べ、寝るまでには消化を済ませるようにすると太りにくくなります。

猫背にならないように注意する

姿勢が悪いと、骨盤が歪み痩せにくい体質になってしまいます。

骨盤が歪んでしまうと、内臓やお肉が正しい位置ではなく横に流れたりするために
痩せにくい体質を作ってしまいます。

生理周期に合わせてコントロール

女性には生理がありますので、どうしてもむくみやすい痩せやすい時期というものがあります。
生理によってストレスをため込みやすかったり、ちょっとしたことでストレスに感じたりと
精神的にも様々な変化のある時期です。

ホルモンの関係で太りやすい時期は、生理の2週間前から生理中です。
この時期は痩せにくいということを認識して、ストレスを溜めずお風呂などに入ってリラックスし
あまり体重変化は気にしないようにしましょう。

逆に、痩せやすい時期は生理後の1週間前後になりますのでこの時期に適度な運動をすることがオススメです♪

シャワーではなくお風呂へ

最近は、シャワーで済ませてしまう人が多いですが痩せやすい体質作りにはお風呂はなるべく入るようにしましょう。

お風呂で温まると、血行が良くなり代謝があがり汗をかきやすくなります。
お風呂が習慣になると、身体の中では代謝がどんどん上がってきますので生活をしているだけでも、エネルギーに変える
力が強くなり痩せやすい体質になります。

このように、実は生活の中に痩せ体質になる方法はあり意外と見逃しているものだったりします。
極端なダイエットは、身体を痛めつけ逆に太りやすい身体を作ってしまうので是非見直してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

musclekun

musclekunと呼ばれる、ごく普通の会社員。 体を動かすことが好きで、筋トレやランニングを休みの日に行うのが趣味。 ここ最近食べ過ぎで少し太ってしまったので、体を絞るため日々トレーニングしている。