プロテインを子供に飲ませると「背が伸びなくなる」って本当?

今では、ハードトレーニングをする人だけでなく、
健康志向の方、ダイエット中の女性など、たくさんの人が使うようになったプロテイン。

各メーカーから、いろいろなフレーバーのものや、
目的別にたくさんの種類のものが発売されていますね。

ここで、私がふと疑問に思ったこと。
プロテインは、子どもにもおすすめなのだろうか?

今発売されているものはどれも味が良く子どもでも喜んで飲みそうなものですが
果たして子どもに飲ませることは良いことなんでしょうか? 
ネットなどを見ると、子どもにプロテインを飲ませることについての反対意見もちらほらあるようです。

そこで今回は、“プロテインを子供に飲ませるときの注意点”について調べみました。

まず、そもそもプロテインというのは“スムーズに吸収される良質なタンパク質”です。
あくまで“栄養補助食品”ですので、年齢問わず摂取することができるものです。
ではなぜ、子どもには飲ませない方が良いという話が出ているのでしょうか?

プロテインを飲むと身長が止まってしまう!?


よく、「子どもがプロテインを摂ると身長が伸びなくなる」という話を聞きます。
筋肉が発達しすぎると身長が止まってしまう、という意見なのですが、
結論から申し上げますと、この話はウソなんですね。

そもそもトレーニングをしている大人が飲む場合、腹筋をバキバキに割りたい、大きく立派な大胸筋をつけたい、など
筋肉を肥大化させるという目的でプロテインを飲んでいます。
筋肉を肥大化させるということは、それなりに“限界まで負荷をかけ筋肉を刺激する”トレーニングをしているということになります。

この、限界まで追い込むトレーニングこそが、子供の成長を妨げる原因になっており、
成長期の子どもにとって不向きなものなのです。

冒頭でお伝えしたように、プロテインは良質なたんぱく質なので、
それ自体で身長が止まってしまうということはありえないのです。

バランスの良い食事こそが大切


成長期の子どもにとっては、タンパク質に限らず、総合的に栄養を摂ることが必要です。
きちんとした食習慣や、味覚を育てる上でも、三食しっかり食べることが大事なのです。

成長に不可欠なタンパク質ですが、摂り過ぎは内臓に負担をかけます。
アレルギーや心筋梗塞の危険もあるのです。

プロテインに頼りきって普段の食事をおろそかにしたり、
筋肉をつけたいから、スポーツが上手くなりたいからと安易な気持ちでプロテインを飲みすぎることは、身体にとって危険なことなのです。

「三色食品群」と「一汁三菜」

引用:農林水産省

「三色食品群」
「赤」のグループ:体をつくるもとになる
肉・魚・卵・牛乳・豆など、たんぱく質をたくさん含む食材。主菜やメインのおかずになるものです。

「黄」のグループ:エネルギーのもとになる
ごはんやパン、イモ類、油脂類など、炭水化物や脂質をたくさん含む食材。主食になるものです。

「緑」のグループ:体の調子を整えるもとになる
野菜類・きのこ類・海藻類・果物など、ビタミンやミネラルをたくさん含む食材。おもに副菜やサブのおかずになるものです。

栄養バランスの良い食事をするためには、この3つの食品群をうまく組み合わせることが必要です。
そこで「一汁三菜」と一緒に組み合わせるとより効率的に必要な栄養を摂取することができます。


「一汁三菜」
一汁三菜、日本料理の献立およびメニューの1つ、一汁は汁物を1品、三菜は料理を3品という意味である。簡単なイメージを持っているかもしれませんが、本来の一汁三菜は、ご飯と汁物と漬物に加えて、生魚、焼物、煮物の3つのおかずが付く献立だと言われています。人をもてなす時に、多くの料理をコースのように出す方法からきているんだそう。

現在日本の一般家庭における日常の食事では、飯と汁に、食肉や魚介類等の動物性の惣菜を主菜として1品、野菜や海藻、豆腐など植物性の惣菜を副菜として2品の一汁三菜が一例としてあげられている。

子どもには子ども用のプロテイン


それでも、塾に部活にと忙しい子どもたちと、そのお母さんたちにとって、
完璧にバランスの整った食事を三食きちんと摂ることはなかなか難しいものですね。

食事で不足しがちな栄養素をサプリなどで手軽に補うこともときには必要になってくるかもしれません。

そんな時には“子ども用のプロテイン”がおすすめです。

タンパク質だけでなく、成長期に必要なビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

また、子ども用のプロテインは、子どもにも飲みやすく、美味しいフレーバーが揃っているんですよ。

スポーツをしている子どもたちにとっては、トレーニングと同じくらい
栄養や、休養が大切です。

バランスの取れた食事をとることを大前提として、
あくまでプロテインは不足した分の栄養を補うもの、という認識を忘れてはいけないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です