ダンベルベンチプレスのやり方と注意点

今回はダンベルベンチプレスについてご紹介していきたいと思います。
ダンベルベンチプレスは先ほど紹介したダンベルフライとほぼ同じものさと考えてください。

みなさんは、大胸筋などの主に胸を中心とした筋肉を鍛えたい時にどういったトレーニングをしていますか。やはり、ベンチプレスをしていると答える人が多いのではないでしょうか。ベンチプレスも確かに胸の筋肉を増やすにはもってこいのトレーニングです。ですが、ベンチプレスだけだとどうしても三角筋や上腕三頭筋といったほかの部位の筋肉を同時に使ってしまうため、先にこちらの筋肉が疲労してしまい、思うように胸の筋肉に刺激が入らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、より胸の筋肉強化を図るためのトレーニングがこのダンベルベンチプレスにあたります。通常、ベンチプレスは追い込むためには誰か別のもうひとりに補助をしてもらうことが必要であるため、どうしても一人でベンチプレスをすることには限界があります。

しかしながら、このダンベルベンチプレスでは一人でも追い込むことができるため、一人でトレーニングをする人にとってはおすすめです。

胸板を厚くする方法

一番胸を厚くしたいという方への一番のおすすめは、ベンチプレスで追い込んだあとに、ダンベルベンチプレスでさらに追い込む、という方法です。ですから、やはり誰か補助をしてくれる人を探して、まずは

ベンチプレスから追い込むことをおすすめします。
大胸筋は体の筋肉の中で比較的大きく、強い力を発揮させられる筋肉であり、上半身で発揮されたパワーを肩?上腕に伝える、もしくはその逆に肩~上腕で発揮されたパワーを上半身に伝えるためには必要不可欠な筋肉です。
では、ダンベルベンチプレスについてのやり方を説明します。

ベンチに仰向けになり、左右にダンベルを用意します。この時足は少し開いておきましょう。
次にダンベルを持ち一度ももの上に置いてから、ゆっくり体を倒します。そして、体の上にあるダンベルを左右に開くように持っていきます。肘を曲げたときの角度は90度以上になるようにしてください。3、まず息を吐き出しゆっくり上げていきます。

この時に肩に力が入って肩が上がってしまうと効果が弱まるので注意してください。息を吸いながらでゆっくりと左右に降ろしていきます。ゆっくりがポイントです。

この時に腕の曲がる角度を90度に戻していくことを意識しながらおろしていきましょう。そして、おろし切る際にはぐっと肩甲骨を寄せることを意識しましょう。肩甲骨が寄ることでより胸筋にストレッチがかかり効果が出やすくなります。
これを重量は10回ギリギリできる重さでセット数は4、5セットほど。もちろん5回以上上がることができなくなったら重量を落として行ってもいいです。毎セットオールアップを目指してやってください。
ダンベルベンチプレスを使ってガッチリとした男が憧れる胸板を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です