筋トレ前の栄養補給の大切さを知ろう!

筋力強化のために行う筋トレと、ダイエットを目的としてる筋トレとでは最終目標がことなるため、筋トレ前に摂取すべき栄養補給量が異なります。

例えば、筋肉強化を目標としているのに何も食べないで運動をしてしまう事で、エネルギーを作り出す際に筋肉や脂肪を燃料として分解を始めます。

ダイエットの場合では、腹筋などの筋トレと並行して有酸素運動も行う事が多いため、比率としては有酸素運動が高くなり低強度の運動となります。そのため、エネルギーの消費が緩やかなため、体調の変化もあまりなく運動ができるため、強度の強い筋トレやスポーツとは異なります。

筋肉をより大きく育てたい場合には、筋トレの約40分前には軽食を済ませて身体に栄養補給をしましょう。

筋トレ前の食事内容について

筋トレ前の食事と栄養の摂取はとても大切でかなり重要性が高いのですが、何でも食べれば良いという事ではないので注意しましょう。
特に消化不良を起こしやすい食べ物は避けて、吸収がしやすいプロテインやBACCを利用する事が大切です。
もちろん、これらだけに限らずに少量のおかゆやおにぎりなどでも対応ができます。

筋トレに限らず運動前には、消化しやすい食べ物を選ぶ事が大切です。

BACCとは何か

プロテインは知っているけどBACCは知らないという方のために少し説明をしておきます。

BACCとは、必須アミノ酸のバリンやロイシン、イソロイシンの事を指しています。
この必須アミノ酸の3種を運動前に摂取しておく事で、トレーニング後に筋タンパクの合成が盛んになり
効率的に筋力アップに繋がるという優れた成分です。

BACCを多く含む吸収の良い物を食べる事によって、低血糖をさけつつ筋力作りも効率的になるので

なるべくこの3種の栄養成分を意識しながら軽食を選ぶといいでしょう。BACCを多く含むプロテイン様のパウダーも売られているため、好みの味を探しながら筋トレを行いましょう。

筋トレ前に栄養補給しないとどうなるのか

面倒だといって筋トレ前に栄養補給をしないとどうなるか知っていますか?

人によっては低血糖で倒れてしまうケースがあります。

特に女性の場合ではダイエット目的で食事内容が偏り、十分な栄養を補給しないまま、急激に運動をするためエネルギー不足となり、そのまま低血糖によって倒れてしまう事があります。

ダイエット目的でも空腹のままで運動をする事は避ける事が大切です。

事故防止のためにも栄養補給はしっかりと行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です